解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 住宅を解体する際の注意点

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

住宅を解体する際の注意点

中古住宅を解体する際、壁が隣家と共有している場合は多々あります。共有する壁がある住宅の解体をするときの注意点などを簡単に説明します。 壁を共有している住宅の解体は、とくに隣家への影響が無いように注意して住宅を解体する必要があります。 共有している壁は外壁ではないので、まず足場を組んで屋根と壁の雨仕舞を行います。 注意することとして、共有している柱が腐っていたり地盤が崩れていたりする際は、柱を取り替えたり補強する必要もあります。どのような場合にしても、進行状態やその状況をお隣の方に見てもらうことが大切です。建て替えの工事をするときは、基礎を掘り下げる時に隣家の地盤が崩れないように土留めをしなければいけません。 お隣の建物の際まで掘り下げる場合は、波板の仕舞いを足元だけ残して、基礎工事が終わるまでその壁を鉄骨製の仮の設材で補強する必要があるかどうか確認する必要があります。住宅の解体工事は業者に依頼すると思いますが、解体工事が終わってもそこに住み続ける限り、近所の方との付き合いは一生続きます。 自分の家も大切なのですが、隣家はもちろん、近隣の方に対しても十分な配慮をして工事をすることができる業者を選ぶことが大切です。

バックナンバー

このページのトップに戻る