解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 解体費の説明

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

解体費の説明

住宅などを解体する場合の解体費について簡単に説明します。家を建て替える場合、解体費や仮住まいの費用がかかりますが解体費の出し方はご存じですか。
まず、問い合わせがあると、住宅などの物件の状態を聞いてから過去の実績と照らして概算で解体費の見積もりを伝えます。
ただ、この場合はあくまでも概算なので、住宅の解体を具体的に考えているようなら、実際に現場に行って住宅の状況、まわりの環境などをきちんと見てもらい、正確な見積もりを出してもらうようにします。
住宅を解体する時は、家本体以外の庭木や庭石、池などの解体に関する見積もりもとってもらいましょう。
住宅を解体した時に地中から予期しなかった浄化槽や古井戸、配管、また以前、悪質な業者が埋めていったであろう廃材などが出てきた場合、それらの撤去費用として追加料金が発生します。解体費の見積もりには普通『地中障害物処理費用は別途請求します』などと記載されています。
さすがに解体前に見えるものではないので掘ってみないとわかりません。そのため、地中から何か出てきた場合に追加で請求されるのは仕方がありません。また、見積もりには書いていない処分品が出ることがあるので見積もりをきちんと確認するようにしましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る