解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 家の解体費に生じる差

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

家の解体費に生じる差

家の解体費は木造か、RCかで費用が変わってきます。RC造は、木造に比べて家の解体費が高くなります。また、建物以外の塀や外階段の解体などでも費用に幅が出てきます。 RC造(コンクリート造)の解体は、鋼材が使われていて構造が堅固なので、解体作業は振動や騒音が発生しやいのが特徴です。 壁を倒す際に最も注意が必要で、粉塵がたくさん出るので、埃が舞うのを防止するため散水しながら工事を進めます。その他家の解体費が割高になるケースは、重機やトラックが取り壊す家屋前の道路に止められないので手作業の解体になってしまうケースなどです。 他にも、バルコニーや外階段など付属工作物や塀・カーポートなど外構工作物があるかないかで家の解体費が変ってきます。浄化槽など、地中埋設物があるときは、さらにその分家の解体費がかかることになります。 特に建替えの際に多い事ですが、ハウスメーカーや工務店は自社で解体工事を行いませんので、下請けや孫請けに依頼する事になります。 その過程で手数料がかかるため、解体費用が高くなります。直接解体業者に依頼すれば100万円で済む解体工事も、ハウスメーカーを通して依頼すると、手数料が載せられて130万円になるという事です。

バックナンバー

このページのトップに戻る