解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 最新のビル解体工事とは

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

最新のビル解体工事とは

今までのビル解体工事では,まずタワークレーンを設置し,最上階に解体作業を行う重機を揚げて,上の階から順次粉砕しながら地上階まで降りる工法が一般的でした。 しかし,通常のビルの床,天井は、重機などを載せるような強度でつくられていないことが多いので重機を載せる場所を予め補強しなければなりません。 さらに粉塵が飛散したり騒音や振動が極力周囲に及ばないように建物の外周をパネルで囲う必要もありました。これらのビル解体工事は高所作業を伴い,粉塵の発生を抑えるために行う散水が下層階に流れ落ちてきて,ビルの内部が水浸しになってしまうため,内装材の分別収集が難しいという問題もありました。 鹿島カットアンドダウン工法という下層階からビル解体工事する方法が生まれました。これはビル解体工事に万一地震が発生した場合でも耐震性を確保するために、建物中央部にコンクリート造の壁=コアウォールという物を作り、地上部分とが荷重伝達フレームを介して一体となって解体前の建物と同等の耐震性を確保出来るようになっています。 ビル解体工事を下から解体すれば,前述のように内装材の分別収集が可能になるのに加え,解体作業エリアが地上近くにあるため分別も容易に行うことができます。

バックナンバー

このページのトップに戻る