解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 解体見積書の形

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

解体見積書の形

解体業者の解体見積書に決まった形というのは実は存在しません。決められた表記の仕様は決まっていますが、もちろん単純に詳しく記載してあればOKという話ではありません。こういったあやふやな解体見積ですが、とにかく失敗をしない解体工事を行うためには、必ずチェックしておかなければいけない解体見積書の項目いうのがあるので、ご紹介していきます。 まず、一番の前提として、きちんとした解体見積書を優良業者から提出してもらい、それを元にして比較をしているか、ということが必ずいります。たとえどんなに詳しく解体見積書が書かれていても、そもそもその業者が悪徳業者でどんどん追加費用を発生させてくるかもしれません。また同様に、細かく解体見積書が記載されていても、概算で正しい金額ではなかったので、のちのち追加費用が出てきてしまうかもしれない、そんなことでは時間をかけ、チェックを行う意味がなくなってしまいます。 工事の内容によってもちろん変わりますが、全国の平均した見積書を比較してみると、とても細かく、きちんと項目に分かれ分かりやすい見積書もあればほとんど記載のない見積書もあるのです。ここでは最低でも、ちゃんとした業者の正しい見積書ならば、建物本体の解体工事に必ずいる費用と、それ以外の項目がちゃんと分けられており、それぞれに点数ごとに金額が記載してあれば、正確で正しい比較ができます。 それを理解した上で、どの解体業者するかは、お客様によって変化をするので、より納得した業者に頼むなら見積書の比較は大切な確認作業です。

バックナンバー

このページのトップに戻る