解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 構造によって変わる家の解体費

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

構造によって変わる家の解体費

家の解体費は木造であるか、またはRCであるかで費用は変わってしまいます。
まずRC造ですが、結論から言ってしまえば木造によりも家の解体費というのは高額になってしまいます。さらに言えば、建物以外である塀または外階段の解体などにおいても費用の差が大きく出てきます。RC造、つまりコンクリート造の解体というのは、鋼材が使用されており、構造がとても堅固ですので、特徴として、解体作業をするのに振動や騒音が発生しやすいという点があります。
また、最も注意がいるのが壁を倒す場面で、この際に粉塵がたくさん出てしまうので、これを防止するために散水を行いながら工事をしなければいけません。その他家の解体費が高額になってしまうケースというのは、重機またはトラックなどの大型の機材が目的の家屋前の道路に入れない・または止められないなどの理由で、手作業での解体作業に¥となってしまうケースなどがあります。
その他にもバルコニー、また外階段などの付属工作物や、塀、カーポート等の外構工作物が付いているか付いていないかで家の解体費というのはさらに高額にもなってしまいます。浄化槽などの地中埋設物があるケースでは、さらにその分家の解体費がかかることになります。
特に建替えの際に多い事ですが、ハウスメーカーや工務店は自社で解体工事を行いませんので、下請けや孫請けに依頼する事になります。その過程で手数料がかかるため、解体費用が高くなります。直接解体業者に依頼すれば百万円で済む解体工事も、ハウスメーカーを通して依頼すると、手数料が載せられて百四十万円になるという事です。

バックナンバー

このページのトップに戻る