解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > ビル解体工事の作業の流れ

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

ビル解体工事の作業の流れ

今までのビル解体工事の場合では,まず初めにタワークレーンといった装置を設置して,一番上の階で解体作業の作業をする重機をあげ,上の方から順次に粉砕していき、一番下の階まで作業をしていくのがだいたいのパターンでした。しかし,ふつうのビルの床や天井では、重機などの重さに耐えられる強度である建物がほとんどなく、その重さに耐えられるような補強をしてから作業を進めていく必要がありました。しかも解体時には粉塵や騒音、振動などさまざまな問題が近所に迷惑がかからないよう建物を覆う外周パネルの設置も必要とされていました。
またこういったビル解体工事では高い場所で作業となるため、粉塵が飛び散らないようにまいた水が地上に落ちていき、建物の内部が浸水してしまうので、内装の材料との分別収集が大変難しいといった問題も発生していました。そこで考えられたのが鹿島カットアンドダウン工法という手法です。これは一番上ではなく、逆に下の階からビル解体工事を行います。この方法であればビル解体工事をする際に震災などが起きた場合でも、耐震性を強化するための建物中央部にコンクリート造の壁=コアウォールという物を作り、地面と荷重伝達フレームを介し、これらが一緒になって解体前の時と同様な耐震強度にすることが可能です。
さらに、ビル解体工事を下の階から行えば、上記で述べたとうな内装材の分別収集が可能になるうえに,解体作業エリアが地上に近くになるため、分別も今まで以上に簡単に作業を行うことが可能になります。

バックナンバー

このページのトップに戻る