解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 建物の構造に応じた解体

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-1-20

建物の構造に応じた解体

住宅を始めとする各種解体工事には重機が使われます。重機は人の何百、何千倍もの力を持っていて、迅速に解体工事を進めていきます。 例えば、パワーショベルやユンボと呼ばれる油圧ショベルは、長いアームと、アームの先端部に取り付けられるアタッチメントによって様々な工事が可能になります。木造住宅を崩す際には通常のバケット型の物に加えてクラッシャーなどが使用される場合もあるようです。また、軽量鉄骨や重量鉄骨造の建物では、鉄骨を切り離す為に巨大なハサミのような鉄骨カッターが使用されます。RC造の場合、既に出た2つのアタッチメントだけでは工事が進まない場合があるので、木造住宅でも使われていたクラッシャーやブレーカーといったアタッチメントも使われます。ブレーカーは、人間が手に持って使う物を更に大きくしたような構造をしており、強い振動を加えてコンクリートを壊していくものです。また、解体工事の際はショベルによって崩された瓦礫などを運ぶために使われるダンプカーも重機の一つになります。解体工事業者では、これらの重機をうまく使い分けて円滑に解体工事が進むようにしていますので、解体工事のことでお困りのことがあれば、何時でも気軽にご相談されることをお勧めします。

バックナンバー

このページのトップに戻る