解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 解体工事にも潜む危険

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-6-11

解体工事にも潜む危険

「解体工事」とは、文字通り建物を解体=壊す、という工事になります。壊すだけなら造るより簡単だろうと考えがちですが、実は解体工事にも危険が潜んでおり、安易には壊せないのです。例を挙げると、解体した構造物が落下し近隣の建物や塀などを壊してしまった例、新築に比べ不安定な足場での作業で作業員が転落して怪我をしてしまった例、解体中の外壁や外構フェンスが歩道側へ倒れてしまい通行人に怪我を負わせてしまった例、ガス管を切断してしまいガス爆発を起こしてしまった例、等々、沢山の事故が起こっています。中には怪我だけではなく命を落とすケースもあります。このように、解体工事には細心の注意、そして事故を起こさないような防止策を講じる高い意識と技術が不可欠なのです。そのため、建物を解体しようと言う時には、新築の時に以上にどの業者に依頼したらよいかということを吟味する必要があります。もし「解体工事業者が多すぎて探すだけで時間がかかる」、「自分の解体工事に合った業者がどこか調べてもよくわからない」こんな時は、本サイトにご相談ください。経験豊富な優良な解体工事業者をご紹介出来ます。その後現場を調査した後お見積、契約いう流れになります。まずは一度ご連絡ください。

バックナンバー

このページのトップに戻る