解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム > 新築工事よりも安全と慎重さが必要です

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-7-13

新築工事よりも安全と慎重さが必要です

1955年~1973年頃まで、日本の実質経済成長率は年平均10%を超えるような大きな発展成長を遂げたため、この成長期は「高度成長期」と呼ばれています。高度成長期には、高層ビルや公団住宅、道路や橋、戸建て住宅など、沢山の建造物、建築物が全国的に次々と建てられました。ところで一般的に建造物や建築物の耐用年数は30年~50年程度と言われています。もちろんこの年数を超えたらすぐ壊れるというものではありませんが、至るところでひび割れや劣化が出てきて、耐力としては年数が経つほど低下してきています。今は高度成長期から40年前後経過しました。そのため当時建てられた建造物や建築物もちょうど耐用年数が迫ってきており、建て替えのための解体工事も増えてきているのです。解体工事と聞くと単に壊せばいいだけの工事と勘違いしがちですが、壊すにもしっかり計画を建てて順序よく施工しなければ、大きな事故に繋がり兼ねません。ある意味、新築工事よりも安全と慎重さが要求されると言ってもいいでしょう。しかし残念ながら解体工事に関連する事故例は毎年多く報告されています。解体工事が増えている分、それを請け負う業者が不足してきていて同時に業者の質も低下しているとも言われています。業者の質が下がるということは、解体工事に重要な安全性も失われてしまう可能性があるということです。事故のない安全な解体工事を考えるのであれば、質の高い業者を選ぶことが大事です。そんな時は是非本サイトをご利用ください。優良な業者を見つけることが出来ます。

バックナンバー

このページのトップに戻る