解体工事のことなら解体工事なびにお任せ下さい!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7751
解体工事なびTOP > コラム

コラム周辺の解体工事業者を探す

ただいまコラム周辺の業者情報を表示しています。

工事業者 を表示

前へ次へ

解体工事なびのコラム周辺における対応エリアについて

コラム周辺の解体工事業者

解体工事の期間

住所

解体工事を行う場合、大体期間としては1週間ほどで完了するようです。
しかし、その前には沢山やることがありますので、ここでその一部をご紹介したいとおもいます。

【業者探し】
業者探しについては、様々な手段があります。電話帳はもちろん、最近ならインターネットもオススメです。当サイトでは、解体工事業者をご紹介することが可能ですので、お気軽にご利用いただきたいとおもいます。また、一括見積りを行っていただくことも可能なので、そちらも併せてご活用下さい。
解体工事の業者探しは、大体1ヶ月程度みておいた方が良いでしょう。

【家の片付け】
解体予定の家から、必要な家財道具を運び出します。また、不要なものについてもこの期間内に片付けておくことが必要です。
解体工事で出たゴミというのは、細かく分別されて廃棄されるので、その中に当初想定していないものが入っていると、解体工事の最中に分別が必要になることもあるため、注意が必要です。
時間的には、1週間から2週間は考えておきましょう。

【諸手続】
工事が開始されることになったら、工事の着工前に申請が必要です。延べ床面積80平米を超える建物は、一週間前までに建設リサイクル法の届け出が必要ですし、道路を車両などで塞ぐ場合は、道路許可申請も必要になります。

これら全てを合計すると、工事以外にも大体2ヶ月ほどの時間が必要です。解体完了までの日時に制限がある場合は、そこから逆算して、早めに取り掛かれるようにしておきましょう。

新築工事よりも安全と慎重さが必要です

住所

1955年~1973年頃まで、日本の実質経済成長率は年平均10%を超えるような大きな発展成長を遂げたため、この成長期は「高度成長期」と呼ばれています。高度成長期には、高層ビルや公団住宅、道路や橋、戸建て住宅など、沢山の建造物、建築物が全国的に次々と建てられました。ところで一般的に建造物や建築物の耐用年数は30年~50年程度と言われています。もちろんこの年数を超えたらすぐ壊れるというものではありませんが、至るところでひび割れや劣化が出てきて、耐力としては年数が経つほど低下してきています。今は高度成長期から40年前後経過しました。そのため当時建てられた建造物や建築物もちょうど耐用年数が迫ってきており、建て替えのための解体工事も増えてきているのです。解体工事と聞くと単に壊せばいいだけの工事と勘違いしがちですが、壊すにもしっかり計画を建てて順序よく施工しなければ、大きな事故に繋がり兼ねません。ある意味、新築工事よりも安全と慎重さが要求されると言ってもいいでしょう。しかし残念ながら解体工事に関連する事故例は毎年多く報告されています。解体工事が増えている分、それを請け負う業者が不足してきていて同時に業者の質も低下しているとも言われています。業者の質が下がるということは、解体工事に重要な安全性も失われてしまう可能性があるということです。事故のない安全な解体工事を考えるのであれば、質の高い業者を選ぶことが大事です。そんな時は是非本サイトをご利用ください。優良な業者を見つけることが出来ます。

ほとんどの方が初めてです

住所

解体業者に仕事を依頼する機会というのは、頻繁に訪れるものではありません。その為、殆どの人が初めて解体業者を利用する事になると思います。どんな仕事でも初めて依頼する時にはどのような業者を選べば良いのかわからないという問題に直面してしまいます。そんな時にはどのようにして業者を選べばいいのか?少し紹介したいと思います。

業者を比較する

初めての業者に仕事を依頼する場合、一社だけで話を進めてしまうのは、少し危険です。相見積を取るなどの方法で複数の業者の仕事内容と料金の比較をしなければ後から料金が高くて損をしたなどの後悔につながる可能性があります。

許可証を確認する

解体工事を行なうには許可証が必要になります。なので、業者さんとお話をする時には解体作業に必要な許可証を持っているのか確認するようにしましょう。口頭だけで信用するのではなくコピーなどを見せてもらうことでより確実に信用することが出来ます。

産業廃棄物の処理も必要です

解体作業で出た瓦礫などは産業廃棄物扱いになるので、産業廃棄物を収集・運搬する許可を持っているかも確認しておいたほうが良いでしょう。中には産業廃棄物の運搬・収集は別の会社が行う場合もあります。

このように解体作業を業者に依頼する時には確認しておきたいことがいくつか存在します。今回は一部のみの紹介となりましたが、機会があればどんどん紹介していきたいと思います。

解体工事の流れ

住所

解体工事をお考えの方は、今まで何度も解体工事をしてきたので慣れ切っているという方は圧倒的に少ないのではないでしょうか。また、初めての解体工事に不安を覚える方もいるでしょう。
しかし解体工事のおおよその流れや注意点を予め知っておけば、不安も少なく施工をお願いすることが出来ます。
まず解体工事をするにあたって大切なのが業者選びです。何もしなくても良い業者に出会えるなら良いのですが、施工経験があまり無いために、乱雑な施工を行われるということや、酷い場合は無資格で施工を行ったり、あるいは相手が何も知らない初心者だと思い、過剰に料金を上乗せする業者もあるのです。
そうした業者を選ばないようにするために大切なのは相見積もりを取ることです。相見積もりを取ると、この業者がどんな業者なのかということも分かるようになってきます。安さも大切ですが、信頼できる業者なのかも見極めることが大切です。
また、ご自宅に井戸や神棚などがある場合、個人の習慣や考え方で変わってきますが、お祓いを必要とする場合もあります。こうしたことも不安であれば解体工事業者に質問してみましょう。
解体工事が終わった後も、その場の様子を伺ってみましょう。ご近所に粉塵や破片等が撒き散っていないか確認することも大切です。

解体工事にも潜む危険

住所

「解体工事」とは、文字通り建物を解体=壊す、という工事になります。壊すだけなら造るより簡単だろうと考えがちですが、実は解体工事にも危険が潜んでおり、安易には壊せないのです。例を挙げると、解体した構造物が落下し近隣の建物や塀などを壊してしまった例、新築に比べ不安定な足場での作業で作業員が転落して怪我をしてしまった例、解体中の外壁や外構フェンスが歩道側へ倒れてしまい通行人に怪我を負わせてしまった例、ガス管を切断してしまいガス爆発を起こしてしまった例、等々、沢山の事故が起こっています。中には怪我だけではなく命を落とすケースもあります。このように、解体工事には細心の注意、そして事故を起こさないような防止策を講じる高い意識と技術が不可欠なのです。そのため、建物を解体しようと言う時には、新築の時に以上にどの業者に依頼したらよいかということを吟味する必要があります。もし「解体工事業者が多すぎて探すだけで時間がかかる」、「自分の解体工事に合った業者がどこか調べてもよくわからない」こんな時は、本サイトにご相談ください。経験豊富な優良な解体工事業者をご紹介出来ます。その後現場を調査した後お見積、契約いう流れになります。まずは一度ご連絡ください。

管理の行き届いた解体工事

住所

解体工事は資格のいるものです。資格がいるということは、法に基づいた管理をしっかりとした上で工事をすることが求められるということです。解体工事というものは危険も伴うものです。大きな建物を取り壊すわけですから、当然大きな鉄骨や木材が落下することも考えられますし、
それに伴って周囲の住宅に粉塵を撒き散らすこともあります。またアスベスト対策もまだまだ求められています。
こうした管理を怠ったために起こった事故もあります。
高さ10m足場が100mに渡って崩れおち、乗用車にぶつかった事故や、中にはガス爆発が起こった事故もあります。
多くの業者がきちんとした管理をしている一方で管理不足が問われる業者があることも事実です。
解体工事業者を選ぶ際に気を付けたいのは施工経験です。
中には実態の無い解体工事業者もあるので、HPなどで業者の施工経験などをチェックしておくことが大切です。
その際に口コミもチェックしておきたいものです。
またいつでも連絡が取れるというのも選ぶポイントです。
もし何かあったときにきちんと責任が取れる状態にあるかどうか?
酷い場合では自分には関係のない責任を押し付けてくるといった業者もあります。
しっかりと吟味した上で解体工事業者を選びたいですね。

悪質な業者を避けるために:安い見積もり

住所

インターネットの画像検索で、解体工事の様子をご覧になった方はいらっしゃるのではないでしょうか。
ご覧のとおり、解体工事は工事中、欠片があちこちに飛ぶので、
周囲に被害が及ばないよう建物の周りに養生シートが張られています。

さて、時が経つのは早いもので、
2015年もそろそろ5月に入ろうとしています。
このペースですと、半年過ぎるのもあっという間だと思いますが、
まだまだ解体工事のご依頼はたくさん出てくると思います。
本記事をお読みになられている方の中にも、解体工事のご検討をされている方はいらっしゃいますか?
日本全国には解体工事に特化した工事業者がたくさんいますので、
一括見積もりサービスをご利用されることをオススメいたします。

業者の中には、最初に安い金額で見積もりを出しておきながら、
解体工事が終わった後に高い金額を請求するという手口を取った悪質な業者もいます。
そういった業者は大抵、脅し口調で強引に金額を払わせようとするものです。

一括見積もりサービスではお客様のご希望に沿えるように、
優良な解体工事業者をご紹介することができるので、
一度、ご利用してみてはいかがでしょうか?
上記のような悪質業者に依頼することがないよう、
少しでもご検討していただければ幸いです。

解体工事の注意点

住所

解体工事といっても「ただ壊すだけ」ではありません。
建物の建設に順序が大切なように、壊すにも順序が大切だったり、注意点もたくさんあります。
そのうちの一つに『アスベスト』の問題があります。
アスベスト(石綿)というのは、建物の断熱材や耐火材料など、建築資材などとして広く標準的に使用されていました。
そのアスベストが体内に入ると”発がん性の危険がある”と指摘されるようになり、国による使用規制が始ったのが昭和50年のこと。しかしそれ以後本格的に細かな規制が出来始めたのは、更に平成の時代に入ってからです。
つまり平成以前の古い建物には、アスベストが含まれた建材が使用されている可能性が高いということです。
アスベストが含まれているからといってそれがすぐ問題になる訳ではありません。
一番気をつけなければならないのは「解体」の時なのです。
解体の時、建材はバラバラにされ、そのバラバラになった際に、材料の中で落ち着いていたアスベストが空気中に飛散してしまいます。空気中に飛散したアスベストは風に乗り、広く拡散してしまい、それを私達が知らずに体内に吸ってしまうのです。
こうした危険を防ぐために、アスベスト撤去際には解体工事業者に依頼する必要があります。
一つも塵を出すことがないよう撤去部分を完全に密閉して、防護服を着用してアスベストを回収するなど、とても慎重を要し重要な作業です。
このように、「ただ壊すだけ」ではすまない解体工事。アスベストをはじめ有害物質がないかなど事前調査も含めて、信頼おける解体工事業者に依頼することがとても大切です。

古い建物は、残しておくと危険です

住所

最近、公共施設で外壁のコンクリートが剥がれて落下するという事故が増えているそうです。
公共施設の多くが70年台、80年台に作られたものが多く、すでに老朽化が進んでいるものも多い
のがその事故の理由です。

もちろん、これは公共施設に限った話ではなく、一般の家庭でも起きうることです。特に木造住宅
では、床下の湿気などの影響で家を支える柱などが腐っていることがあり、強度的に弱っている所
があります。
もし、そういった場所に地震などでエネルギーが集中すると、破断して家が倒壊してしまう危険も
あります。

また、柱だけではなく、その他の場所についても年数を経る毎に劣化が進み、破損や落下の危険性が
あるため、無人の古屋は早めに解体してしまうことをお勧めします。これは土地活用の観点から見ても
重要なもので、例えば売却予定の土地に、古屋が建ったままだと値打ちが下がる事もあり得ますし、
その土地を使おうと思った時、まずは古屋を解体してからとなると、時間がかかってしまいます。

事故を防ぐ、土地を活用しやすくするなど、古屋の解体は様々んメリットが有りますので、まずは
解体工事業者に工数や費用についてご相談されることをお勧めします

資産運用のために

住所

土地や建物は、ただ所有しているだけでは意味がありません。特に複数の土地や建物を所有している場合は、それを賃貸物件にしたり売却したりする不動産運用が重要になります。しかし、土地にしても建物にしても、それに価値がなければ運用することが出来ません。
立地はいいのに建物が古いために利用価値が無くなっている、売却をしたいが建物が邪魔。そんな時には解体工事を行って古い建物を壊し、更地にする、もしくはその跡地に新しい建物を建てることで不動産運用が可能になります。
取り壊しは迅速、かつ周辺に迷惑をかけない形で行うことが重要ですが、建物解体ともなるとそれを請け負う業者選びも重要なポイントです。
ただ値段が安い、ただ施工期間が短いといった理由だけで選ぶと、後でとんでもないトラブルを招く事にもなりかねませんので、業者選びは慎重に行うことが必要です。
そのためには、複数の解体工事業社を比較することも大切です。

解体工事業者がこちらのエリアにいらっしゃる場合、こちらよりお知らせ下さい。

スタッフ待機中

24時間365日、解体工事のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7751

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談

このページのトップに戻る